とっておきのレースコーデ

トップページ

からまないレースのカーテンの洗い方

レースのカーテンは洗濯機で洗うことができるのですが、レースのカーテンをそのまま洗濯機に入れてしまったならば、カーテンがからまってしまって、大変なことになってしまいます。
おまけにカーテンの生地まで傷んでしまいます。
まずカーテンの金具を外してから、ホコリをよくたたき出すようにします。
そして、1枚ずつ棒状にまとめて、数ヶ所を輪ゴムでとめてからカーテンを洗濯機に入れるようにしてみましょう。
弱水流、または全自動の手洗いコースで洗うようにします。
この洗濯の方法なら薄い生地も傷むことがありませんし、ネットに入れる必要もありません。
2枚入れてもからむことがありませんし、取り出すときもカンタンです。
そのまま洗濯機の脱水層に入れるようにします。
輪ゴムを外したら、そのままカーテンレールにかけてしまいます。
薄いレースのカーテンを乾かすのなら、わざわざ干したりしなくても、この方法で十分なのです。
カーテンレールにかけたら、風を通してカーテンを乾かすようにしましょう。
カーテンは1枚を棒状にまるめて、太い輪ゴムで3ヶ所ほどをとめておいてから細長くまとめるようにして、洗濯機に入れますが、脱水までこのままで大丈夫です。
輪ゴムを利用することで、からみません。


レースなどデリケートな衣類の洗い方

フリルのついたブラウスなどは、フリルが内側になるように裏返してから洗うようにするのが、洗濯をするときのポイントになります。
ブラウスなどをたたんだ形のままでネットに入れてから、洗濯機に入れるようにします。
レース部分が多いブラウスなどの衣類も、ネットを使って洗濯するようにすれば、洗濯機に入れても安心することができます。
ブラウスなどの衣類のレースの部分を内側にしてからたたんで、ネットを二重にしてから洗濯機に入れるようにしましょう。
型崩れしやすいブラジャーにもネットを活用するようにしましょう。
ブラジャーの金具をきちんととめるようにして、ブラジャーの金具部分や肩ひもをカップの中におさめるようにしてたたんでから、ネットに入れて洗うようにします。
また、レースの下着などもネットに入れてから洗うようにしましょう。
そして、ストッキングの洗濯時のからみや伝染を防ぐためには、ストッキングだけを一つのネットで洗濯するようにします。
ストッキングをネットに入れてから洗濯機へ入れて洗濯して、ストッキングをネットに入れたまま干すようにすると、ほかの洗濯物とからむようなこともありませんので、とてもラクに洗濯することができます。

pickup

金儲け 方法
http://www.sakimono-mentor.com/
振袖 神戸
http://www.furisode-kazuno.com/
iPhone修理 千葉
http://iphone-station.com/
セブ島 留学
http://www.ceburyugaku-master.com/
駐輪機
http://www.cyclejapan.co.jp/

最終更新日:2016/7/28

copyright(c) 2009 とっておきのレースコーデ all right reserved.